【スポンサードリンク】

外科病棟看護師の仕事内容について

外科病棟看護師は、一般的に二交替制の勤務体制のことが多いですが、三交替制の勤務体制の病院もあります。

 

外科病棟で働く看護師は、急性期の患者さんの処置や看護を行うことがほとんどです。

 

大学病院や総合病院の外科には、生死を左右する病気や怪我をした患者さんが緊急搬送されてくることが珍しくありません。

 

外科病棟の看護師には、迅速な処置と正確な経過観察を行うことが求められます。

 

また、オペ後も急変が起こりやすいため、気を緩めることができるシーンはほとんどありません。

 

患者の情報共有をして、その日のケアの予定を定め、その後は患者さんに対して主に以下のことを行っています。

 

日勤看護師の仕事

 

・検温
・清拭や入浴などの清潔ケア
・採血
・点滴や内服薬など、薬の管理
・予定されている検査と検査の注意事項についての説明
・検査や治療が行われる場所までの送迎と、検査や治療を行うスタッフへの申し送り
・食事の配膳や片付け
・その日に入院した患者さんからの情報収集
・心のケア(患者の不安を聴いて、受け入れ、必要があれば指導や教育をする)
・検査結果や医師からの指示確認
・カンファレンスで患者さんの情報の共有
・術前の患者や家族に対し説明
・手術前処置
・オペ室へ患者移送、オペ室看護師への申し送り
・手術後の患者受け入れの準備、オペ室からの患者の移送
・術後は検温をはじめ全身状態観察・記録も多い(患者の状態が大きく変わるため)
・全身麻酔の患者さんには早期離床を目指して歩行の介助も行う
・夜勤看護師に申し送り

 

病棟全体でタイムスケジュールは決まっていますが、必要に応じて一日の看護計画を調整していきます。

 

 

夜勤看護師の仕事

 

・日勤から申し送りを受けた患者の様子を一通り確認。
・食事の配膳、夜の検温
・点滴をはじめ薬が必要な患者さんへの対応をしたら消灯
・病棟の見回りやカルテへの記録
・痛みや不安などで眠れない患者さんへの対応
・重症の患者さんには特に目を配り、検温を行いながら状態が落ち着いているか確認
・長時間の手術から戻って来る患者さんがいる場合、患者さんの受け入れ準備
・戻ったあとには検温や点滴管理など(忙しい夜となることが多い)
・日勤看護師に申し送り

 

このように多忙な外科病棟看護師の仕事のやりがいは、バリバリ仕事をしたいと考え、バイタルチェックや処置などの基本的な看護師のスキルを高めたいと感じる部分でしょう。

 

体力的・精神的なタフさが求められる仕事です。

 

数ある診療科の中でも、患者さんの生命に直結する大きな仕事です。

 

 

外科病棟で働くメリット

 

・外科では日常的にオペが行われ、患者の創部の洗浄や消毒など処置を行う機会が多い。

 

・看護師に求める処置のレベルが高いため、積極的に勉強会に参加したり自分で練習を行ったりすることで、重要なオペ対応や処置のスキルを磨くことが出来る。

 

・外科の患者は、オペ後や処置後に症状が著しく回復するケースが多いため、経過が分かり、やりがいを感じやすい。

 

 

外科病棟で働くデメリット

 

・患者の急変や死亡が大きな精神的ストレスになることもある。

 

・残業や夜勤が多く、体力的な負担が大きい。

 

外科病棟看護師は、院内勉強会や研修などとにかく覚えることが多いため、スキルアップを目指したい人や体力、精神力ともにタフな方に向いています。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る