【スポンサードリンク】

泌尿器科外来看護師の仕事内容について

泌尿器科外来は、病院や医院・クリニックと色々あります。

 

入院施設のある泌尿器科外来はいくつもありますが、外来看護師の仕事について紹介します。

 

泌尿器科外来には、病院、医院、クリニックでも、診療内容によって違いもあります。

 

泌尿器科で扱う体の部分について

 

腎臓や尿路、男性生殖器などにできる腫瘍

・副腎癌
・腎臓癌
・腎盂・腎かん癌
・膀胱癌
・前立腺癌
・陰茎癌
・精巣腫瘍・精巣癌

 

尿路を閉塞させる疾患

・尿路結石
・水腎症

 

排尿機能に関する疾患

・前立腺肥大
・神経因性膀胱炎
・過活動膀胱
・尿失禁、小児のオモラシ
・尿路感染症

 

男性生殖器に関する疾患

・陰嚢水腫
・包茎
・男性不妊症

 

腎臓に関する疾患

・腎不全
・慢性腎臓病

 

女性の場合

・腹圧性尿失禁
・膀胱炎
・骨盤性器脱(簡単には骨盤ヘルニアの事)

 

あらゆる病気がありますが、泌尿器科外来看護師の仕事内容は、一例です。

 

・バイタルサイン
・問診
・採尿
・医師診察介助
・採血
・点滴
・患者への説明

 

泌尿器科に訪れる多くの患者は、羞恥心を持って来院しているので、出来るだけ診療現場の配慮、検査に対応、説明を必要とします。

 

患者とのコミュニケーションをとり、働きかけることも大切です。

 

また、腎疾患に対応するために人工透析を行う病院・クリニック・医院もあり、通院で透析室のある施設では、看護師が透析に関わることもあります。

 

この場合、医師だけでなく看護師が透析を行うようになります。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る