【スポンサードリンク】

ICU(集中治療室)病棟の看護師の仕事内容について

ICU(集中治療室)病棟の看護師の仕事内容と役割について説明していきましょう。

 

ICUとは、英語で Intensive Care Unit の略です。

 

さまざまな疾患の症例ごとに細分化されています。

 

外科系問わず、呼吸器、循環器、代謝系その他の重篤な急性機能不全の患者を集中的に24時間体制で管理し、より効果的な治療、看護を施す事が目的の病棟です。

 

ICU病棟看護師の役割は患者の生命維持や合併症を起こさないことも重要なのです。

 

ICU病棟看護師の仕事内容

 

・モニター管理、直接患者に接し、状態把握を行う。

 

・患者を集中的に治療するため、「診療の補助」・「全身管理」がメイン

 

・問題はスタッフ間で、適宜カンファレンスを行う。(患者のケアについて考慮する)

 

・常にモニター観察、(意識が戻ってない患者には) 患者の状態チェック

 

・こまめに血圧や尿量の検査など全身の管理を行い、患者に変化がないかタイムリーに把握

 

・医師へ報告する。

 

※患者が急変することも多い。(急変の場合、一般病棟よりも命を落とす危険性も高い為)異常を早期発見することが大切。

 

・その家族への対応もより大切な役割で、動揺している家族の不安を和らげることも大事。

 

・いつも的確な対応とスピードが求められ責任の重い職場。

 

 ※新人看護師は、ベテラン看護師の指導のもと、その病院にもよりますがカリキュラムを踏まえ日々勉強し、自ら考え、患者の状態に合わせたケアが提供できるように教育されます。

 

 どこに異動、転職しても、通用するさまざまな疾患の知識が身につき、看護技術を持ち合わせた看護師へと成長していきます。

 

 

ICU病棟看護師のメリット・デメリットについて

 

メリット

 

・命に関わる処置が、日常的に行われいる為、必然的に看護の処置対応はスキルUPする。

 

・常に適切な処置や判断が求められるだけでなく、患者のさまざまな状態把握しておく事も必要である。

 

・やりがいを感じて看護の仕事が出来る。

 

・自分自身のスキルを身につければ、つける程どんな緊急対応でも、冷静な対応が出来る様になる。

 

・半端でなく緊迫感と緊張感のなかで、仕事をしている為、充実感・達成感の大きさが他科とは比べものにならない。

 

・最先端の医療器具を扱う事にも強くなる。

 

・様々な器機、心電図の取り扱いも上手くなる。

 

・残業が少ない。

 

 <施設によって違うが、ICU患者は重篤な人が多く処置やケアは日勤帯だ行う為、突発的なことがなければ、時間で終わる。>

 

 

デメリット

 

・ハードすぎる仕事内容。 

 

・夜勤が多い。

 

・三交代制は二交代制と比べると生活リズムが不規則になるので、体調管理の面で苦労する人もいる。

 

・一瞬の判断ミスも命に関わってくる。

 

・3交代で集中力を持続させないといけない。

 

・頻繁に起こることのある緊急事態にも対応しないといけない為、気がやすまらない。

 

・何かあるとすぐに判断を下し的確な処置が必要である。

 

など、キツイ仕事内容ですが、ICUで働く看護師は、認定看護師を目指すことや専門看護師の資格を取得することにより、仕事の幅を大きく広げる事も出来ます。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る