【スポンサードリンク】

一般外来看護師の仕事内容について

このページでは、一般外来看護師の仕事について説明したいと思います。

 

外来看護師の役割について

 

外来看護師の役割は、患者や家族とのコミュニケーションを取ることが大きな役割です。

 

例えば、症状が落ち着いて自分自身は回復したように感じている患者に体調を詮索すると、気分を害されてしまうこともあります。

 

退院後の生活は、外来で来院した時にしか伺い知れないため、さりげないやり取りで医療に対する本音を聞き出し、限られた時間内で患者が安心して療養に向き合えるよう最大限に配慮していくことが重要です。

 

このような患者とのコミュニケーションスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。

 

外来には相応のキャリアがある看護師が配置され、中でも専門性を身につけた看護師が能力を発揮することになります。

 

外来の種類

 

外来の種類としては、クリニックも含めて内科、外科、整形、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、精神科、心療内科、脳神経・脳外科などが一般的なものです。

 

外来看護師は、主として「医師がスムーズに外来業務が行えるように補助を行う」とともに、「来院した患者さんがスムーズに診察を受けられるように援助すること」です。

 

医師の診療補助を行うのは、それぞれの看護師の働く場所によって業務内容が異なります。

 

問診、検温、採血、受付、カルテ処理、事務作業などの幅広い業務を行い、病棟の勤務と違い夜勤もなく、基本的に日勤の仕事のため看護師からの人気も高いですね!

 

他の看護師からすると楽なイメージをもたれていますが、仕事量が多く同時進行で様々な業務をテキパキと処理しなければいけませんし、残業が発生するケースも少なくありません。

 

 

上記の外来の科全てを詳しく書くと非常に長くなってしまいますので、代表的な内科、外科は多少詳しく、その他の科についてはサラッと説明していきますね!

 

内科の外来看護師について

 

内科と一口に言っても、様々な専門内科があるのは、周知のとおりです。

 

呼吸器、循環器、消化器(胃腸)、腎臓、神経内科、糖尿病内科(代謝内科)、血液内科、アレルギー科、リュウマチ内科、感染内科などが代表的な例です。

 

これらの内科を受診し、日本では、高齢者社会が進んだことにともなって、これらの内科を受診する高齢の慢性疾患患者が増えてきました。

 

高齢で慢性疾患を抱える患者の病状管理や治療以外のケアには非常に手間がかかるので、内科は思うような楽な診療科ではありません。

 

内科の患者さん達は、慢性病の治療のために食事や趣味嗜好の制限を受けたり、身体の一部が動きにくい状況など、不自由さを抱えています。

 

これら患者さんには、QOLが深く関係していると言えます。

 

QOLとは、Quality Of Life、患者さん自身の人生の内容の質や、社会的に見た生活の質のことです。

 

このQOLの低下による苦労、つまり『どれだけ人間らしく自分らしい生活を送れるかどうか、生きることに楽しみや喜びを感じられているか』といった点で、ストレスを余儀なくされている患者さんが多いのです。

 

したがって、内科の外来看護師は、このような患者さん達に心身両面からのケアが必要となってくるのです。

 

内科を受診する患者さんの中には、糖尿病、高血圧といった生活習慣病からの合併症を併発している人も少なくありません。

 

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)、心疾患(心筋梗塞、狭心症、心筋、心筋弁トラブルなど)、腎疾患(慢性腎不全、腎炎、糖尿病性腎症など)等で、普通の生活が出来なくなっています。

 

彼らは、心と身体の自由を失い、その苦痛がさらに病気を増悪させていくのです。

 

「病は気から」ということわざがありますが、気持ちが病気に大きな影響を与えることが大阪大学と科学技術振興機構により明らかにされています。

 

病気の治癒に必要なのは薬や手技だけでなく、精神の安寧が不可欠なのだと思います。

 

患者さんの苦痛の大半は、病気そのものによってもたらされるのではなく病気のためにもたらされた環境によるものでしょうね。

 

看護師の役割とは、患者さんの苦痛を和らげあるいは取り除くことにあると思います。

 

内科にあって看護師の看護とは、まさに治療そのものなのです。

 

 

外科外来の看護師について

 

外科外来看護師の業務の特徴は、処置が多いことです。

 

外傷のある患者や手術後の患者が多いので当然ですよね。

 

処置は創部の感染徴候の有無を観察し、洗浄・消毒・軟膏塗布・包交を行います。

 

重症外傷などの場合や術直後の場合は、医師と一緒に行いますが、ある程度落ち着いたら看護師だけで行うことがほとんどです。

 

また、外科外来の場合は、ルーチン業務に加えて術前・術後の処置を行わなければなりません。

 

術前は、術前処置、患者への手術の説明、手術室に持っていくカルテ類や同意書類の確認、家族へのフォローなどに追われます。

 

 

 

整形外科外来の看護師について

 

整形外科外来で働いていると、高齢者から子供、成人まで色んな患者が受診してきます。

 

高齢者になるとほとんどの人が、「腰が痛い」「足が痺れる」「膝が痛い」など訴えるようになります。

 

そういったときに整形外科で働いていると、身体のメカニズムも解るようになり、アセスメント能力(患者の状態把握能力)が深まります。

 

外科的治療、処置も行われるケアの1つです。

 

テーピングの仕方、包帯やギプスの巻き方、骨折した場合の良肢位の保持なども習得出来るのでとても役に立ちます。

 

創部の感染予防対策、転倒、転落予防対策に強くなります。

 

 

小児科外来の看護師について

 

小児科は乳児から中学、高校生キャリーオーバーの患者までさまざまな発達段階のこどもが家族に付き添われ診察を待ちます。

 

診察には、看護師の問診、医師の診察、場合によって検査や処置をし会計という一連の流れです。

 

しかし、看護師は待合室に「アンテナを張って」子供の状態、体調の悪い子供と家族を長く待たせないため、常に診療がスムーズに出来るよう配慮する必要があります。

 

・気になる親子を見付けて診察室へつなぐ。  

・子供の状態に合わせた判断力。  

・母親との関わり方。  

・診療の介助。  

・子供と家族との間を調整する。  

・見過ごしてはいけない親子に関わりつなぎとめる。(虐待行為)

 

 

精神科外来の看護師について

 

精神科は、一般科とくらべ、患者と向き合う場で、複雑な医療行為が少なく、仕事の負担が軽い問診や採血などが中心です。

 

精神疾患の治療は一人ひとりに寄り添ったもので、こうすれば良いという特効薬はありません。

 

 

最後に外来看護師の勤めやすさについてふれておきます。

 

日勤のみで夜勤がない事。

 

結婚後も、家庭と仕事の両立が容易。

 

夜勤が無いため、身体的な負担が軽いのが魅力。

 

ですが、夜勤が無い分必然的に給与が低くなり、20〜30万円程度のケースがあり、地方と都市圏で、手取り額に違いがあります。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る