【スポンサードリンク】

救急外来看護師の仕事内容について

このページでは、救急外来看護師について説明したいと思います。

 

有名なテレビドラマだと、松嶋菜々子さん主演の「救命病棟24時」や、山下智久さん(山P)主演の「コードブルー」などが救急外来の仕事ですね。

 

救急外来看護師の重要な役割は、その名のとおり救急処置です。

 

心臓、呼吸止まってしまった患者への救急蘇生処置や出血を止める止血法、骨折時の処置介助を行うことも多いです。

 

また、医師が行う様々な救急治療場面で処置介助を行うことも多いですね。

 

こうした医療行為が多いのも特徴ですが、患者さんの身体を清潔に保ったり、体位を整えたり、トイレの介助をしたり、痛みを和らげるなどの生活行動援助も重要な役割です。

 

他には患者とその家族に対する心のケア、救急医療チームが円滑に機能するよう調整すること、救急医療物品を整える事、一般の人達に対する救命・救急処置の指導、救急医療政策への参画、救急看護に関する研究など多岐にわたります。

 

救急看護師は、迅速な判断力、高度な知識、確実な救急処置技術、適切なストレス対応能力が求められるのでそれなりの覚悟を持って一人前の救急看護師を目指して欲しいと思います。

 

それには、多くの救急看護経験を積むことも大切ですが、向上心、目的意識を持って自己研鑽に励むことも大切です。

 

救急看護師の職場は、テレビ番組で視聴することがありますが、24時間365日救急医療施設で働いています。

 

患者の重症度に応じて、初期、二次、三次と段階的な整備がされています。

 

*初期救急医療とは、病気や怪我の程度が軽い患者に対するところ。夜間休日急患センター・休日外来診療を行っている所。

 

*二次救急医療施設とは、初期救急医療に加え、中等度、重症の患者にも対応出来る施設で、入院の必要な急患を受け入れる所。

 

*三次救急医療施設とは、初期、二次対応困難な重症患者(心肺停止、重症外傷、脳卒中、心筋梗塞、広範囲熱傷等を受け入れる所で、救命救急センターと呼ばれる所。

 

 

救急外来看護師は、

 

・幅広い診療科の看護スキルが身につく。

 

・一刻を争う状況下で冷静な対応が出来るようになる。

 

・生命の危機を救えた時に強い達成感が得られるとともに、転職活動の時に有利。

 

 

といった看護師としてのメリットがある反面

 

 

・辛い現場に直面することが多く精神的にハード。

 

・忙し過ぎるため休憩がなかなか取れない。

 

 

などのでデメリットも存在します。

 

これらをどう捉えるかは、もちろん看護師によって個人差はありますが・・・。

 

 

 

救急外来看護師は、救急の現場で臨機応変に判断や対応出来る能力が必要で救急搬送されてきた人や急変した人を、救命救急センターで働き、時間との戦いで、予断を許さない状態の患者を多岐に渡る知識、技術にてチームワークで治療します。

 

また、実務経験5年以上、6ヶ月間の専門講習修了後、日本看護協会看護師認定試験に合格すれば、救急看護認定看護師になることも出来ます。

 

 

それ以外にも、ドラマにもなったドクターヘリにフライトドクターと共に同乗するフライトナース等います。

 

フライトナースは、救命患者のもとにいち早く駆けつけ、最善の救急治療が提供出来るような看護することが役割です。

 

医師が行う医療処置介助や血管確保、指示により薬剤投与、情報収集、看護記録の記載、荷物管理などを行います。

 

フライトドクターと共に、患者の状態に合わせて搬送先の病院を決定します。

 

限られた中で、迅速で有効な処置が協力して行われています。

 

ヘリの運行を支えるパイロットや整備士、運行の調整を行うスタッフ、現場の救急隊やヘリコプターの離着陸を支援する支援隊など様々な職種と共同して活動をしています。

 

また、ドクターヘリ活動の中で看護師として出来る大切なことは、患者や家族の精神的なケアを行なうことです。

 

発症直後の救急現場という通常と違う環境の中で、患者や家族の精神的負担は計り知れません。

 

出来るだけ負担を取り除けるよう支援するのが仕事です。

 

患者や家族が安心して治療を受け、搬送することが出来るよう、どのような状況にあっても誰からも信頼されるフライトナースとなる事が大切になります。

 

以上、救急外来看護師の仕事内容は、非常に大変ではありますがやりがいを感じる職場ですから、興味がある方もいらっしゃるでしょう!

 

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る