【スポンサードリンク】

認定看護師の仕事内容について

次に、認定看護師の仕事内容について紹介しましょう。

 

認定看護師とは、認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる人のことを言います。

 

認定看護師は、看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する役割を担っています。

 

毎年1回行われる認定看護師認定審査があり、登録手続きをすることで、認定看護師として認定されます。資格の有効期間は5年です。

 

受験資格は、次の3つの条件を全て満たしていることが必要です。

 

・日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有すること。

 

・保健師、助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること。そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること。

 

・日本看護協会が認定した『認定看護師教育課程』を修了していること。(6ヶ月・615時間以上)

 

 

認定看護師は、特定の看護分野において下記3つのことを行います。

 

・実践:個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。

 

・指導:看護実践を通して看護職に対し指導を行う。

 

・相談:看護師に対しコンサルテーション(援助対象である者に対しての教育相談)を行う。

 

これら3つのことが認定看護師の看護分野になるわけですが、、具体的な業務内容として特定されている認定看護分野は、2010年2月現在で以下の21分野が特定されています。

 

1.救急看護(Emergency Nursing)
2皮膚・排泄ケア(Wound,Ostomy and Continence Nursing)
3.集中ケア(Intensive Care)
4.緩和ケア(Palliative Care)
5.がん化学療法看護(Cancer Chemotherapy Nursing)
6.がん性疼痛看護(Cancer Pain Management Nursing)
7.訪問看護(Visiting Nursing)
8.感染管理(Infection Control)
9.糖尿病看護(Diabetes Nursing)
10.不妊症看護(Infertility Nursing)
11.新生児集中ケア(Neonatal Intensive Care)
12.透析看護(Dialysis Nursing)
13.手術看護(Perioperative Nursing)
14.乳がん看護(Breast Cancer Nursing)
15.摂食・嚥下障害看護(Dysphagia Nursing)
16.小児救急看護(Pediatric Emergency Nursing)
17.認知症看護(Dementia Nursing)
18.脳卒中リハビリテーション看護(Stroke Rehabilitation Nursing)
19.がん放射線療法看護(Radiation Therapy Nursing)
20.慢性呼吸器疾患看護(Chronic Respiratory Nursing)
21.慢性心不全看護(Chronic Heart Failure Nursing)

 

あなたも関心があれば、看護の現場で質の高いケアを実践したい人向きのエキスパートを目指してみませんか。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る