【スポンサードリンク】

OP室(手術室)看護師の仕事内容について

OP室(手術室)看護師の仕事内容について紹介していきましょう。

 

手術室看護の特徴

 

患者とのコミュニケーションを直接とる機会が少ないところかもしれません。

 

手術時期だけの一期一会の為、患者から直接「ありがとう」と感謝されるやり取りはなく、やりがいや達成感を感じにくいという人も中にはいらっしゃると思います。

 

ですが、患者とって手術は人生の一大事であり、その場に陰ながらとはいえ、患者のすぐ近くでサポート出来る事、手術成功へ導く手助けをすることは、やりがいとしては十分と言えるのではないでしょうか?

 

 

次に、OP室(手術室)看護師の役割分担について説明していきます。

 

OP室(手術室)看護師の役割は大きく分けて2つ

 

器械出し看護師「手術をサポートする直接介助

 

・手術に必要な器械(道具)を準備、医師に渡したり整理整頓したりすることが主な役割

 

・術中は手術の進行状況や医師の動きを見て先読みし、迅速かつ正確に器械を準備して手渡す役目

 

・医師たちがいかに手術しやすいかを先回りして考え、コミュニケーションをとる

 

※医師たちが手術に集中できるように関わります。器械出し看護師のスキルが重要な存在で、手術進行状況にスムーズに対応するとその手術そのものに直接影響する程です。

 

 

 

外回り看護師「手術を幅広くサポートする間接介助」

 

・手術を受ける患者の手術に必要な処置

 

・手術進行に応じた必要物品の準備

 

・麻酔の介助

 

・患者の状態の観察

 

・手術の記録

 

・コストチェック

 

・環境整備など(術野照明等)

 

※非常に多岐にわたります。手術がスムーズに進行するためのサポーターとして、なくてはならない存在です。

 

 

OP室(手術室)看護師のメリット・デメリット

 

メリット

 

・様々な診療科に罹っている患者を診れること。

 

・特定の診療科に偏らないためいろいろな疾患についての知識を得ることが出来る。

 

・手術室看護という特性から将来外科系への転職が容易に出来る。

 

・不測の事態に対応する能力が求められ、術中の容態急変や事故への対処など迅速に行動する看護技術が備わる。

 

 

デメリット

 

・看護学校で勉強してきたことは残念ながら、教科書、学校教育は机上の空論になりやすくオペ看護師としては役に立たない。

 

・実務が優先されるオペ室勤務では即戦力として活躍することは難しく、経験が必要である。

 

・年次ごとのステップアップで技術レベルの向上を図ろう。

 

・病院より異なるが、新人手術室看護師は簡単なオペの器械出し等から業務をスタートさせる。

 

・オペ室看護師は学校で勉強しなかった膨大な手術器具などを一から覚えなくてはならない。

 

・いきなり新人ナースとしてオペ室看護の業務に就くと専門性の高い知識、技量ばかりが先行して頭でっかちになるとも指摘されます。

 

 

以上で、OP室(手術室)看護師の難しさや仕事について述べましたが、業務を続けることで得られることはたくさんあります。

 

手術室スタッフは独特な職場に所属しますが、その経験を無駄にしないためにも経験をいかせる職場への異動、転職を考えるのもありです。

 

外科や対応力が問われる救急外来も元手術ナースにとっておすすめできる診療科です。

 

救急の現場では患者の優先順位決めるトリアージが重要になっています。

 

その判断には正確性、迅速性が要求され、トリアージの決め方はまさに手術室の経験がいかせそうな能力だと思われます。

 

手術室看護師の経験をいかせる職場は探せばあるものです。

 

しっかりオペナース経験を積んで何でもこなす看護師を目指し経験や、なお一層勉強しましょう。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る