【スポンサードリンク】

産婦人科病棟看護師の仕事内容について

産婦人科病棟看護師の仕事内容について紹介しましょう。

 

まず、産科と婦人科の特徴からお話ししましょう。

 

産科は、妊娠から出産をサポートする診療科です。

 

無事に出産が終えられるように、外来では、母子の健診をメインに行います。

 

入院施設があり、出産を受け入れている医院や病院では、分娩介助も行います。

 

出産は予定帝王切開や緊急帝王切開となるケースもあるので、状況に応じて手術も実施します。

 

ときには、中絶手術を行うことも産科の役割です。

 

 

婦人科は,、子宮や卵巣等の病気の診察を行う診療科です。

 

子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮がん・卵巣がんなどの婦人科疾患を扱います。

 

外科治療と内科治療がメインで行われます。

 

 

産婦人科病棟看護師仕事内容について

 

産科

 

・検温
・点滴の管理
・清潔ケアなど身の回りのケア
・出産のときには、助産師をサポート(手術の場合は機械出しや外回りとして動く)妊婦の様子を医師や助産師に報告したり、医師や助産師へ手術器具を手渡したりといった業務
※助産行為とは、出産を手助けし赤ちゃんをとりあげる行為のこと
※助産師は、正常な出産であれば医師の指示がなくても、単独で助産行為を行うことができ、看護師は医師の指示があったとしても、助産行為を行うことはできない。

・産後は母親と新生児の検温や採血
・沐浴
・授乳の指導
・退院後の生活について指導
・母子ともに健康で育児生活が送れるように援助する。

 

※不妊治療外来では、検査や治療に苦痛をともなうことも多く、治療途中の患者の精神的・経済的な負担が大きいと云われています。

 

看護師は、検査や処置の介助の苦痛軽減と、通院している夫婦とコミュニケーションを密にとり、精神的なケアを行っていきます。

 

 

婦人科

 

・検温
・処置の介助
・治療の説明
・点滴管理
・服薬管理
・服薬指導
・手術治療となる患者には術前指導や術後の流れについての説明
・精神的なケアする事も大切。

 

※スタッフの間で、カンファレンスや申し送りを通じて情報を共有。(患者が抱えている問題の解決策などを一緒に考えていきます。)

 

 

産婦人科病棟看護師のメリット・デメリットについて

 

メリット

 

・生命の誕生を見届けられる。

 

・夜勤や土日勤務が少ない。(小規模なクリニックや婦人科では、分娩処置は行わない為)

 

・妊娠や出産の知識が役に立つ。 

 

デメリット

 

・他の診療科とは違う気遣いが求められる。

 

※妊産婦だけではなく、不妊に悩む人や流産や死産などで苦しんでいる人もいる為、さまざまな患者の心境を考え、きめ細やかなコミュニケーションをとる必要がある。

 

・他の診療科に比べて注射や点滴などの医療処置をする機会が少ないため、看護技術が低下する恐れがある。

 

・産婦人科の看護師と助産師では、担当できる業務内容に違いがあり、分娩業務には立ち会わない為、施設によっては看護師が雑用全般にしか携われないようなギクシャクした職場もある。

 

 

産婦人科は、このような環境でコミュニケーション能力を必要とされますが、生命の誕生に立ち会うことができ、母親やその家族の喜びを実感できる魅力的な人気もある職場です。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る