【スポンサードリンク】

整形外科病棟看護師の仕事内容について

整形外科病棟看護師の仕事内容について説明していきましょう。

 

整形外科外来看護師のところでも触れましたが、入院施設のある病院に整形外科病棟が置かれています。

 

 

整形外科病棟には、骨や軟骨、筋肉、靭帯、神経など運動器官に関係する全ての身体の部位を看ている診療科です。

 

四肢だけでなく脊椎や脊髄、骨盤など診療の対象が広範囲で、生命に直結する診療科ではありません。

 

交通事故による外傷がひどかったり、スポーツ障害などでの入院患者も多く、子供から高齢者まで幅広い年代の人の看護をすることができます。

 

 

整形外科病棟看護師の仕事

 

 

基本的には、ほかの一般病棟と同じです。

 

・バイタルサインのチェック
・医師の診療の補助や検査の介助
・点滴や採血
・配薬などの医療処置
・清潔ケアや食事介助

 

整形外科ならではの業務としては、

 

・ギプス固定の交換
・包帯交換
・牽引療法の管理

 

※ギプス固定の交換や牽引の管理は整形外科以外では行わないこと。どちらも骨折の患者に行われる治療法。

 

 

また、骨折などで自力で動けない患者が多いため、

 

・体位交換や移動介助
・トイレ介助などは、車椅子移動、介助量はほかの一般病棟よりも多い。

 

という特徴があります。

 

 

整形外科病棟看護師のメリット・デメリット

 

メリット

・患者の回復が目に見えるという点
※整形外科は骨折など骨や筋肉の疾患が多いので、回復すれば「ベッドから車イスに移動」、「歩ける」というように、できることが増えてくるため、患者の回復具合を自分の目で感じ取ることができます。
・骨折の場合はレントゲンでも確認する事が出来る
・患者の年齢層が幅広い為、看護師経験が豊かになる
・入院患者高齢者だけでなく若者も多いので、疾患自体が死にいたるものが少なく、他科の一般病棟は違い、明るい雰囲気の職場

 

 

デメリット

・移動介護や体位変換で体力的に負担がある

 

以前よりも、男性職員、リハビリ関係の方が病室に入る機会も増え、看護師にかかる負担は以前より軽減されています。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る