学校に入学しなければ看護師になれないの?

学校に入学しなければ看護師になれないの?

【スポンサードリンク】

学校に入学しなければ看護師になれないの?

看護師になるには、専門的な知識や技術のノウハウを学校に入って学ばなければなりません。

 

一般的で大多数を占めるのは、看護師の知識を学ぶために専門学校や高校の衛生看護科、看護大学に入学したりします。

 

その他、少数派として通信制で学ぶ方法があるのですが、通信制であれば看護師として働きながら看護過程を通信制で学ぶことができます(准看護師から正看護師を目指す場合に限られる)。

 

このページでは、准看護師の場合、正看護師の場合、通信制で看護師になる場合のそれぞれのケースの個別詳細と、それらのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

 

准看護師になるには?

 

まず、看護師への最短ルートとなる准看護師の場合について説明します。

 

准看護師の学校の場合には、准看護師の看護専門学校、准看護師養成校看護学校のいずれかに入学して、

 

・基礎看護知識
・基礎看護技術
・成人看護
・老年看護学
・母子、精神看護、臨床看護

 

などの看護学カリキュラムで准看護師としての知識を学ぶ必要があります。

 

実習、テスト、記録物もありますが、修業を終ると准看護師免許取得試験(都道府県試験)の受験資格を得ることが出来ます。

 

就学期間は2年となっています。

 

 

 

【正看護師になるには?】

 

次に、准看護師より高度な正看護師の場合について説明します。

 

正看護師課程のある学校に入学し、看護学のカリキュラムに添い看護基礎知識、看護技術幅などの幅広い分野の看護学を学びます。

 

3,000時間にも及ぶカリキュラムが必須で臨床看護の分野も広く、准看護師以上の専門知識を得ることができます。

 

技術面、臨床実習も長く、テスト、記録物も多岐にわたるため実に大変ですが、それを経た上で看護師国家試験を受験する資格を得ることができます。

 

就学期間は、一般的な看護学校や看護短大の場合は3年、大学で学ぶ場合は4年となっています。

 

その他、下記の通信教育で正看護師を目指すことが可能です。

 

 

 

通信教育で看護師になるには?

 

通信教育では、准看護師になることができません。

 

通信教育は、既に准看護師である人が正看護師を目指す場合に限定されています。

 

この場合、准看護師としての実務経験が7年以上必要となっています。

 

通信教育は、放送大学、日本看護協会、その他一部の学校で実施されていますので、もし通信教育に興味がある場合は、インターネットで検索してみて下さい。

 

 

【スポンサードリンク】

トップへ戻る