【スポンサードリンク】

准看護師になるには、どんな学校に行けばいいの?

最も早く看護師になれるのは准看護師ですが、准看護師を目指すための学校は、全国に多数あります。

 

基本的にはお住まいの各都道府県に必ず看護学校がありますので、自宅から通学ということであれば地元の看護学校を選択するのが一般的です。

 

しかし、地方に住んでいる人が将来東京や大阪などの都市部で仕事をしたいと考えている場合、都市部の看護学校に入学するケースも多々あります。

 

例えば地方の高校では、将来看護師になりたい人向けに病院から求人があり、先に病院に就職して働きながら看護学校に通う学生になるわけですね。

 

つまり、働いているので給料をもらいながら勉強するという形です。

 

ちなみに管理人は、長崎県の普通科の高校を卒業した後、東京の病院に就職して当時(約30年前ですけど。。。)月額7〜8万円の給料を頂きながら2年間学生生活を過ごしました。

 

更に当時の細かい部分を話しますと、奨学金の代わりと言っても過言ではないのですが、看護学校の学費については病院が負担してくれていました。

 

ただし、この場合は卒業後に3年間はその病院で働かなければならないという条件付きでしたが・・・。

 

このことからもお分かり頂けると思いますが、家庭の事情で学費を捻出するのが苦しい状態であっても、正式な奨学金をもらわずに学校に通うことが可能になっています。

 

もちろん奨学金を利用して就学することも可能ですよ。

 

これらのことは、もしあなたが高校生であって、これから看護師を目指したいと考えているのなら、学校の先生に相談すれば色々アドバイスが得られると思いますので、ぜひ先生に相談してみて下さいね!

 

さて、以上のことから、まずは学校の先生に進路相談をするのが最優先だと思いますが、先に自分でどんな学校があるか探してみたいと思うこともあるでしょう。

 

そんな時は、インターネットで看護師を目指す大学・短大・専門学校を検索してみると、学校の受験情報・入試情報・色々な資料などが出てきます。

 

また、石原良純さんのテレビCMでも有名なiタウンページで「看護学校」と検索すると、全国の看護学校が一覧で出てきますので、その結果を見てご自分に合っていると思う看護学校を選択する方がいいでしょう。

 

看護師を目指せる看護師学校や専門学校については、学校エリア、定員数、学費、学校の特徴、奨学金まで紹介してあり、とても参考になりますよ。

 

奨学金については、利子や、返済義務の有無、卒業後に指定された病院で一定期間働くことが条件など様々なパターンがあります。

 

その特徴をしっかりと確認して、看護師学校や専門学校は、決めた方が良いでしょう。

 

最後になりますが、看護師学校といっても、どの看護師を目指すかによって課程が異なっています。

 

大きく分類すると下記のようになっていますので、あなたがどんな看護師になりたいかを考慮した上で、どの課程を選択するかよく検討されて下さいね!

 

・看護大学(高等学校卒業から看護師、保健師、助産師になるコース)
・看護師3年課程(高等学校卒業から正看護師になるコース)
・看護師2年課程(准看護師から正看護師になるコース)
・看護師課程(高等学校で5年一貫教育するコース)
・准看護師課程(中学、高校卒業後からの准看護師になるコース)
・助産師課程(看護師から、助産師になるコース)

【スポンサードリンク】

トップへ戻る