【スポンサードリンク】

正看護師になるには、どんな学校に行けばいいの?

正看護師になるための看護師の学校は、全国に色々あります。

 

高校卒業後に進学するのが主体で、看護学校のレギュラー(正看護師コース)・看護短期大学3年制・4年制看護大学・3年制看護専門学校などがあり,、学ぶ期間だけでなく、授業内容や取得できる受験資格など、さまざまな面で違いがあります。

 

看護大学や専門学校に入学して学び、看護師国家試験の受験資格を得るには、文部科学大臣指定の学校、もしくは厚生労働大臣指定の看護養成所を卒業する必要があります。

 

4年制大学は、『看護師になるための授業』以外にも一般教養科目が充実しており、幅広い教養を身につけることができます。

 

また、4年制大学で学ぶ最大のメリットは、看護師と同時に「保健師」や「助産師」の国家試験受験資格取得が可能なことで、就職を考えた時に非常に幅が広がると言えますね!

 

一方、3年制の専門学校は、『看護師になるための勉強』に特化しており、実技や実習が充実している傾向があります。

 

4年制大学より1年早く卒業出来るので、「早く現場に出たい」という人にはおすすめです。

 

3年制短大は「一般教養も学べ、早く現場に出られる」という両方のメリットがありますが、学校数は、縮少傾向にあると言われています。

 

いずれも、「学校卒業後に、看護師としてどのように活躍していきたいか」をイメージしたうえで、その夢と、「この学校で身につけられるスキル」が一致するかどうか見極めることが大切です。

 

准看護師として一旦就職し、その後に正看護師の資格を得ることも可能で、受験資格の1つである経験年数は自分のキャリアのため、学校を選ぶ際、学費や経験年数が気になるところです。

 

もちろん社会人や主婦から看護師を目指すことも可能ですよ!

 

当サイトの管理人もそうだったのですが、地方から関東・関西へ高校卒業後、就職してから看護学校へ通い、働きながら看護学生生活を送るのも良い経験かもしれません。

【スポンサードリンク】

トップへ戻る